browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

【オーストラリア】交通 その1 – 海外を楽しみ尽くす計画

Posted by on 2014年3月30日
  1. オーストラリアは左側通行、右ハンドルです。日本と同じですので、比較的簡単に運転に慣れると思います。
    australia_transportation_1_1
  2. オーストラリアで車を運転するには、日本の免許証+国際免許証を取得していくと良いです。ただし、国際免許証の有効期限が残っていても、一定期間を経過すると無効とケースも有ります。州によって異なるので、必ず滞在する州の規定を理解してから車を運転することをオススメします。
  3. 交差点には「ラウンドアバウト」という環状の道があります。直訳すると「適当に回れ」。右側から来る車が優先になります。大縄跳びの縄に入るのが苦手だった人は、交通量の多い場所ではなかなか入れないかもしれません。標識はには、逆三角形の中に黒い矢印が3つ、環状に描かれています。オーストラリアは交通違反の取り締まりが厳しく、週末や連休には「ダブルデメリット」という減点ポイントが二倍になる嬉しくない制度があります。
    australia_transportation_1_2

  4. 横断歩道の歩行者用信号は、ボタンを押さなければ信号は変わりません。横断したいところでは必ずボタンを押してください。
    australia_transportation_1_3
  5. オーストラリアではガソリンスタンドではすべてセルフサービスです。日本のセルフのガソリンスタンドと同じように、自分で車のガソリンタンクの口を開け、入れたい分だけ入れます。ガソリンを入れる機械にはそれぞれ番号がふられているので、給油後にその番号をレジで告げて料金を払うシステムです。ちなみに、オーストラリアではガソリンスタンドのことを「ペトロール」と呼びます。
    australia_transportation_1_4

Comments are closed.