browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

【オーストラリア】交通 その2 – 海外を楽しみ尽くす計画

Posted by on 2014年4月6日
  1. オーストラリアのタクシーは自動ドアではありません。日本の方がよく勘違いしてドアの前で待っていますが、自分で開けましょう。閉めるのももちろん手動です。
  2. オーストラリアのバスはバス停に立っていても止まってくれません。乗りたいバスが来たら手を挙げて運転手に合図を送ってください。
    australia_transportation_2_2

  3. ダーウィンで乗ったバスは、セクションと呼ばれる一部のエリアから別のエリアまで$3で乗れます。学生や年寄りの方には割引もあります。発券後、3時間の有効期限があり、この有効期間の中であれば、追加料金なしで再度バスにのることができます。
    australia_transportation_2_5
  4. Wi-Fiが無料で使えるバスもありますが、全然つながりません。
    australia_transportation_2_6

  5. オーストラリアのバスは、車内放送がありません。最近は電光掲示板にバス停の名前が表示されるバスもみかけますが、基本的に降りたい場所の景色を覚えておき、自分でブザーを押して降りる必要があります。初めて行く場所の場合は、Google Mapsがあると便利です。わからない場合は、運転手の方に伝えると親切に教えてくれます。
    australia_transportation_2_3

    australia_transportation_2_4

    australia_transportation_2_7

  6. オーストラリアのBrisbane市街と空港を繋ぐAir Train。こちらもWi-Fiが使えますが、全然つながりません。
    australia_transportation_2_9

    australia_transportation_2_10

  7. オーストラリアの長距離電車では、飛行機と同じように事前にチェックインしなければならないものもあります。出発の30分前にはチェックインして、荷物を預けて、指定の駅のバゲッジクレームで荷物を受け取ります。飛行機と同様に、荷物の個数や重量に規定があり、規定分を超えると超過料金を払わないといけません。
    australia_transportation_2_12

Comments are closed.