browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

【オーストラリア】Easter(イースター) – 海外を楽しみ尽くす計画

Posted by on 2014年4月20日
  1. イースターとは、刑死したイエス・キリストの復活を祝い、記念する祝日です。Easterの語源は、ゲルマン語で「春の女神」を意味するEsteraだと言われており、イエス・キリストの復活や、新しい生命の誕生を象徴しています。
    australia_easter_1_1
  2. イースターは、キリスト教徒にかかわらず、オーストラリアのほとんどの人にとって重要な祝日です。 日本のゴールデンウィークのように、イースターは1年に2回あるオーストラリアの大型連休の1つです。 多くのオーストラリア人は家族で数日休暇を取って楽しみます。 
  3. イースターは春分の日後の最初の満月の日を過ぎた次の日曜日になります。満月は毎年変動しますので、イースターの日付も毎年変わります。 
  4. イースターの2日前の金曜日のことをオーストラリアでは「Good Friday(グッド・フライデー)」と呼んでいます。Good Fridayはイエス・キリストが十字架にはりつけられた日(刑死した日)で、キリスト教徒の間では受難の日として重要視されており、多くの教会では特別な礼拝が行われます。多くのお店はGood Fridayは閉まりますので、この日に買い物や外出する場合は注意して下さい。
    australia_easter_1_5
     
  5. イエス・キリストが復活した日曜日をEaster Sunday(イースター・サンデー)、翌日のイエス・キリストが天国に行った日をEaster Monday(イースター・マンデー)と言い、この日も休みを取る人が多いです。 
  6. イースターでは、スーパーやお店などでタマゴ(イースター・エッグ)やウサギ(イースター・バニー)の形をしたチョコレートをよく見かけます。タマゴは、新しい生命の誕生や復活を象徴するもの、ウサギは一度にたくさんの子どもを産む多産の動物であることから、繁栄を象徴するものとして、どちらもイースターの象徴として使われています。
    australia_easter_1_4

Comments are closed.