browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

就職先を考える(その1) – 就職先の選び方

Posted by on 2013年2月26日

就活が盛り上がっているので、少しの間、就職について書きます。

 

会社選びというのも、独立して稼げるようになるために非常に重要です。
会社の中で得た知識、スキル、人脈、経験、自信などが、
独立した時にダイレクトに影響するからです。

 

就職というものは、今後の人生に大きな影響を与える岐路です。

 

大手だから、
有名だから、
実家から近いから、
周りがいいと言っているから、

 

といった判断基準で選ぶのではなく、もっと真剣に考えるべきです。
一度会社に就職すると、なかなか職を変えるのは難しいことです。

 

ちゃんと考えてこなかった人、ちゃんと調べて就職しなかった人は、
現実と理想のギャップにうなだれて、
毎日暗く疲れた顔で満員電車に揺られています。
中には、辛くて辛くて、でも辞めるという選択を出来ず、
自ら命を絶ってしまう方もいます。
これはとても不幸なことです。

 

もちろん、すぐに辞表を出して辞めても良いですが、
当然、会社に迷惑がかかりますし、
ご自身の今後の再就職に影響がでますし、
次のアクションを起こすための資金も貯まりません。
さらに、すぐに辞めると技術やノウハウ、人脈など、
何一つ得られませんので、
それでも自分でやっていける自信のある方や
働かなくても生活していけるくらいの資産をお持ちの方以外は
おすすめしません。

 

一方、ちゃんと考えて就職した人、
自分のやりたいことが出来ている人、
会社の社風や環境に満足している人は、
職場でもプライベートでも生き生きとしていて、
目がキラキラしています。

 

私が前に勤めていた会社には、
この両方のタイプの人がいましたが、
前者の方が圧倒的に数が多い気がします。

 

日本の、考えることを練習させない教育で、
就職もちゃんと考えなかった人が多いからだと私は思います。

 

最初はサラリーマンを経験して、
その後、独立しようと考えている方はもちろん、
独立を考えていない方も、
少なくとも下記のことは真剣に考えて頂きたい内容です。

 

・転職できるスキルが身に付くか
・やりたい仕事ができるか
・海外に赴任できるか
・残業や休日出勤が多いか
・社風が自分に合うか
・給料が高いか
・評価制度が納得がいく者か
・雇用は安定しているか
・離職率が高いか低いか
・福利厚生がしっかりしているか
・育児支援に協力的か
・女性は活用されているか

 

「会社を選べる立場ではない」という方は、
大手企業ばかりに目が行き過ぎだと思います。
人手が足りない会社はたくさんあります。
もちろん、大手はそれなりにメリットがありますが、
大手でなくても良い会社はたくさんあります。

 

まずは、
自分のやりたいこと、
将来の目標、
達成するために必要なこと、
納得できる条件などを明確にして、
条件に合う会社を探す。

 

そしてその中から自分が人生を共に歩める思う会社に就職すべきです。

 
次回は、就職時に考えて頂きたいことの一つ、
「転職できるスキルが身に付くか」について書きます。

 

Comments are closed.